屋根・樋について
  • 屋根 樋とは
  • 施工の流れ

屋根・樋とは

屋根や樋は、雨風から大切な住まいを守るという責任を担っています。そのため、定期的な点検やメンテナンスが必要です。リフォームには、主に塗り替え・重ね張り・葺き替えの三種類があります。

・塗り替え
表面の塗装を塗りなおします。塗り替えは、あまり屋根材も下地材も傷んでいない場合に行います。また、塗装の種類により耐久性が異なります。

・重ね張り
軽量の金属屋根などを、既存の屋根に重ね張りします。重ね張りは、屋根材は傷んでいるが、下地材はしっかりしている場合に行います。

・葺き替え
既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を葺きます。葺き替えは、屋根材の傷みが激しい場合に行います。また、下地のやり直しも行う場合もあります。

屋根・樋の施工の流れ

屋根・樋の補修等をする際には、事前に現地調査を行い、綿密な打ち合わせをし、迅速かつ丁寧に工事を行います。

お問い合わせ  まずはお問い合わせよりご連絡ください。
↓
お打ち合わせ  担当者がお客さまのもとへお伺いし、屋根・樋のリフォームについてご説明いたします。
↓
現地調査  屋根・樋の傷みなどの状況、雨漏り調査等を行い、現在の屋根・樋の状態を確認いたします。
↓
ご提案  現地調査の結果をもとに、部分補修や葺き替え等のご提案をし、見積書を作成いたします。
↓
ご契約  お見積りの内容や施工内容の確定と共に、ご契約させていただきます。
↓
着工  屋根・樋の部分補修や葺き替え等の工事を行います。
↓
完成  完了後、お引き渡しを行います。アフターサービスも充実しておりますので、
 ご不明な点等ありましたらご連絡ください。
トップへ戻る